愛され葉酸の口コミ&体験談!後藤真希さん(ゴマキ)愛用の注目の葉酸サプリ

愛され葉酸は、元モーニング娘。の後藤真希さんが愛用している、ママと赤ちゃんのための葉酸サプリメントです。後藤真希さんといえば、モーニング娘。時代の人気もさることながら、同グループを卒業後もその人気は衰えることがなく、今もテレビに引っ張りだこのタレントさんです。

彼女は2014年に結婚を発表し、さらに2015年12月には待望の第1子となる赤ちゃんを出産しました。そして2016年10月末にも第2子の妊娠を発表し、今やママタレとしても活躍の場を広げています。

そんな後藤真希さんはもともと愛され葉酸を使用していたのですが、その縁もあってパッケージのデザインの監修として協力することになったということです。

妊娠をすると、新しい命が宿るわけですから、妊婦さんの体は自分だけのものではなくなります。なので妊婦さんは自分の健康はもちろん、お腹にいる赤ちゃんにもしっかりと栄養分を補ってあげなければなりません。

しかし、食べ物などから摂取できる栄養素は非常に少なく、十分な量を摂取するには膨大な量を毎日食べなければならないのです。これではなかなか続きませんよね。

「愛され葉酸」は、不足しがちな栄養素が一粒に凝縮されているので、妊婦さんでも手軽に試せると話題のサプリメントなんです。

愛され葉酸を楽天・amazon・公式(通販)サイトなどの価格で最安値を比較してみました!

愛され葉酸は、どこで買えばいいのでしょうか?各サイトでの価格を調査してみました。

公式サイト 4980円~35910円
楽天
amazon
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

愛され葉酸は、通販サイトや薬局では取り扱いがないため、公式サイトで購入するのが一番安いということになります。

公式サイトでの通常価格は7980円ですが、定期コースで購入すると1回分あたりの価格が4980円になるのでお得です。また、単品でも6つセットで購入すると35910円となり、25%の割引になります。

公式サイトで購入する場合には、定期コースは6回の受け取りが原則となっていますが、それ以降は連絡1本で休止することができます。

後藤真希さんもおすすめの愛され葉酸を試してみたい方は公式サイトへ!

愛され葉酸はこんな女性におすすめ

  • 妊娠した時のために健康でいたいと考える女性
  • 胎児を健康に育てたいと願う妊婦
  • 出産後、赤ちゃんを健康に育てたいと考える女性
  • 効率的に栄養を摂取したいと考えている女性
  • 栄養不足を感じている女性
  • いつまでも健康的でいたい女性

愛され葉酸で手軽に栄養補給できる理由

愛され葉酸で妊婦さんに必要な栄養素を手軽に摂取できる理由は大きく分けて3つあります。葉酸と聞いても耳慣れない言葉だし、いまいちピンと来ていない人もいるでしょう。

また、葉酸は何に含まれるのか、どうやって摂取したらいいのかわからなかったり、どれくらいの量が必要なのか、きちんと把握できていなかったりする人も多いと思います。なぜ愛され葉酸が妊婦にオススメなのか、その理由を紹介します。

厚労省が1日の摂取に推奨する400μgの葉酸を配合

「葉酸」とは、水溶性ビタミンに数えられる栄養素のひとつです。そして葉酸は妊娠時の胎児への栄養となる成分です。厚生労働省によると、妊娠の1か月前から、1日に約400μgの量の摂取が望ましいとされています。

しかし、食物から400μgの葉酸を摂取しようと思ったら、ホウレン草やブロッコリーで300g以上か、アスパラガスで200g以上の量を食べないといけません。また、食品に含まれる葉酸は熱に弱く水にも溶けやすく、さらに長期保存も難しいと言われています。

これでは毎日400μgを摂取し続けるのはなかなか難しいですよね。「愛され葉酸」は栄養素が凝縮されているので、サプリメントを適量飲めば、1日に必要な葉酸が400μgしっかり摂取できます。サプリなら、毎日続けても苦になりませんよね。

体に吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸配合

葉酸には実は2種類あります。一つは「ポリグルタミン酸」、もう一つが「モノグルタミン酸」と呼ばれるものです。ポリグルタミン酸型の葉酸は、たとえ食品を食べたとしても体への吸収率がわずか半分です。

このため、倍の量を摂取しないと必要な量をうまく体に取り入れられません。一方、愛され葉酸に配合されているモノグルタミン酸型の葉酸なら、ポリグルタミン酸の2倍の吸収率なので、必要な量をしっかりと効率的に摂取することができるのです。

その他、妊婦におすすめの栄養分も多数配合

サプリメントは本来、バランスよく栄養を得られるように作られます。例えば葉酸だけを補えてもその他の成分があまり入っていなければ、栄養分を効率的に摂取できるとは言えません。

愛され葉酸に含まれている成分は、もちろん葉酸が一番多いのは当然のことながら、その他にもビタミンやミネラル、乳酸菌やDHAといった、体に必要な栄養素がしっかり入っているので、バランスよく栄養を摂取することができます。

愛され葉酸の体験レビュー

愛され葉酸の口コミ

愛され葉酸&ヤマノの葉酸サプリを徹底比較!!

項目 愛され葉酸 ヤマノの葉酸サプリ
飲みやすさ ★★★★★5 ★★★★★3
生産の安心性 ★★★★★5 ★★★★4
有効成分配合量 ★★★★4 ★★★★★3
コスパ ★★★★★3 ★★★★4
満足度 ★★★★★5 ★★★★4
価格 4980円(6回継続が必要) 3456円(継続必要なし)

いざ、サプリを買おうと思っても、どれにしたらいいかわからない!ということもあるでしょう。「葉酸サプリ」を探すと割とたくさんあるけれど、レビューだけじゃどれを選んだらいいのかわからない……なんて思っている人もいると思います。

「ヤマノの葉酸サプリ」は、「愛され葉酸」と同じく厚生労働省が1日の摂取量として推奨する葉酸を400μg含んでいます。また、その他の成分として有効な乳酸菌やカルシウム、亜鉛や鉄分、ビタミンなども含んでいるので、妊婦に必要な栄養を手軽に補える点では共通しています。

「ヤマノの葉酸サプリ」は天然のレモンから抽出した葉酸を使っているオーガニックなサプリメントなので安心して飲めますが、直径8mmで厚さが4mmという少し大きなサイズと、1日の推奨摂取量が4粒ということで、手軽に飲めるという点では少し不便かなと感じました。

「愛され葉酸」は6mmという小粒でありながら、3粒で1日に必要な葉酸と鉄分をしっかり補給できるので、「ヤマノの葉酸サプリ」と比べると比較的試しやすいと言えるでしょう。

また、安全性や品質をしっかり管理しながら生産されているので、手元に届いてからも安心して使用することができます。また、「ヤマノの葉酸サプリ」は1袋33gと内容数の目安が不明確ですが、愛され葉酸なら1袋90粒できっちり1か月使うことができるのも嬉しいでポイントです。

愛され葉酸は通常価格7980円ですのでヤマノの葉酸サプリの3456円と比べると割高に感じるかもしれませんが、定期購入することでさらに割引価格になるのでおすすめです。

フレッシュレモンの香りで楽しく飲める!

いくら体にいいと言われるサプリメントでも、美味しくなければ続きません。サプリメントなどの健康食品を摂取する上で、成分と同様に大切なものが味なのです。「良薬は口に苦し」と言いますが、そうとも限りません。

最近では美味しいのに栄養価の高い製品も増えてきています。愛され葉酸もその例に違わず、フレッシュレモンの香りなので、風味を楽しみながら飲むことができます。美味しく飲めればストレスもたまりませんし、何より続けやすいというのが一番のメリットです。サプリメントは継続して飲んでいくことが大切なので、こういった工夫は嬉しいポイントですね。

胎児にも影響なく使える!

妊婦さんが摂取するものは、そのままダイレクトにお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えます。胎児はまだ体がしっかり出来上がっている段階ではありませんから、赤ちゃんの体に負担がかかるようなものを摂取するのは絶対に避けたいですよね。

愛され葉酸なら、有害な成分は何も入っていないので、妊婦さんも赤ちゃんも安心して使うことができます。それどころか、葉酸を始めとするたくさんの栄養成分が入っているので、妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにもしっかりと栄養を届けることができるのです。

製造は製品の安全性と品質管理を保つように定められたGMPの認定を受けた国内の工場で生産されていて、品質管理もしっかりチェックされていますし、植物由来のものなど天然の成分を多く使っているので、弱い胎児の体に入っても問題ありません。

妊活時、妊娠中、授乳中と長く使える!

厚生労働省では、妊娠前1か月から葉酸を400μg摂取することを推奨しています。ですので、まだ妊娠をしていないけれど子供が欲しいと望む妊活真っ最中の女性にもおすすめなんです。妊娠前から胎児のための栄養分を体内に蓄積させておけば、より受精や受胎を安全に行えるようになるのです。

また、妊娠中の母親の体も栄養バランスが乱れがちなので、サプリメントで栄養を補ってあげることが大切です。体調不良で思うように食事を取れない、ということも増えてくるので、手軽に栄養補給できる愛され葉酸を飲むといいでしょう。

また、出産が終わった人にも愛され葉酸は役立ちます。赤ちゃんは乳ばなれするまで、母親の母乳から栄養分を補給します。そのため、母親の体に栄養がたくさんあることが不可欠なのです。サプリメントで栄養分をしっかり補給しておくことで、子供の健康維持にも役立つでしょう。

愛され葉酸の飲み方

愛され葉酸は人の体、特に妊婦さんに必要な成分が1粒に凝縮されているサプリメントです。これは機能性食品という位置付けなので、細かい使い方や飲み方等は特になく、基本的に毎日飲むようにするだけでOKです。

ただ、注意して欲しい点を挙げるならば、飲む分量やアレルギーに関する点です。些細なことですが確認しておかないと思わぬ不調に陥ったりしてしまうこともありうるので、主にどういう点に注意したらいいのか、詳しく説明します。

1日3粒を目安に飲む

愛され葉酸は用量の決まっている医薬品ではないため、1日に飲む量はこれだけ、というような明確な決まりはありません。ただし、メーカーの公式サイトによると、摂取量の目安は1日3粒とされています。

飲むタイミングも特に決められていないので、朝昼晩と食事の際に一緒に飲んでもいいですし、朝に3粒だったり夜に3粒だったり、朝2粒昼1粒、またはその他のタイミングに飲む、などでも大丈夫です。

大豆、乳製品にアレルギーがある人は医師に相談

愛され葉酸を飲むときに注意して欲しいのがアレルギーです。愛され葉酸には、紹介したようにたくさんの成分が入っているわけですが、中にはアレルギー指定されている大豆や乳の成分が含まれています。

もし、大豆や乳のアレルギーを持っている人は飲むのを控えるか、飲みたいけれど心配ならばかかりつけの医師や薬剤師に相談してみると安心です。

愛され葉酸に使われている成分について

葉酸サプリメントだからといって、葉酸だけを補うのでは健康機能食品としてあまり効率がいいとは言えません。愛され葉酸は妊婦のために作られた製品というだけあって、葉酸だけでなく、妊婦や胎児の成長に必要な成分をたくさん含んでいます。

妊婦はお腹にもう一つの命を抱えているわけですから、お腹が大きくなってくると動くのも大変になりますよね。そんな妊婦さんには、飲むだけで一度にたくさんの栄養素を補給できるの愛され葉酸は、活用しやすく、とても重宝するサプリメントなのです。

乳酸菌(クリスパタス菌)

「クリスパタス菌」と呼ばれる乳酸菌は、もともと赤ちゃんの体内から発見された成分です。人の体にあった乳酸菌ということで危険性はほぼなく、体内に取り入れても安全です。

また、栄養の摂取が大変な妊婦の体の内側から働きかけて健康や美容をサポートしてくれます。通常の乳酸菌を使用しているサプリメントは比較的多くありますが、このクリスパタス菌を使用したサプリメントは、愛され葉酸以外にほとんどありません。

鉄分

女性にとって非常に重要な成分といえば、鉄分です。鉄分は血をつくってくれる大切な役割を持っているので、生命を維持していくためにも不可欠な存在と言えるでしょう。

妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので、赤ちゃんの血を作るためにも、自分の分以上に鉄分を多く摂取する必要があります。鉄分は基本的に体内でリサイクルされ、体外に排出されるのはわずか1mgとされています。

ですが、女性は月経等で血液が排出されてしまうことが多くなります。普段はあまり排出されない鉄が一気に流れ出てしまうため、生理前後に貧血になってしまう人も多いと言われています。

さらに、妊婦は鉄分を体内に補って血を作り出しても、大部分が優先的に胎児へと運ばれます。そのため母体に血液が不足し、貧血となってしまう「妊婦貧血」というものがあります。女性の1日に必要な摂取鉄分量は、12mgと言われています。

愛され葉酸を飲むことで15mgの鉄分を摂取することができるので、貧血改善にも役立ちます。

DHA

正式には「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれるこの成分は、体内の油を構成するために必要な「必須脂肪酸」のひとつです。DHAは非常に重要な物質で、主に脳や目の網膜、心臓や精子や母乳など、人が生きていくために重要な部分や子孫を残すために重要な器官に多く存在しています。

このように人の体に不可欠な存在でありながら、体内でほとんど作り出すことができない成分なので、食事で積極的に摂取する必要があります。DHAは妊婦同様、赤ちゃんにも必要な成分でもあります。

DHAは特に青魚に多く含まれていますが、生まれたての赤ちゃんは食べることが難しいので、母乳から摂取する必要があります。愛され葉酸にはDHAを40パーセント含んだ藻類の粉末が含まれているので、DHAも効率的に取り入れることができます。

ポリアミン

ポリアミンは、大豆の発酵食品である納豆や味噌、醤油などに多く含まれる成分です。。ポリアミンは体内の細胞が細胞分裂をするときに遺伝子を複製してくれる重要な役割があります。

この成分がないと細胞が生まれ変わることができずに、新陳代謝がきちんとできなくなったりするので、しっかりと補うことが大切です。また、血管に炎症ができることで動脈硬化が起こる危険性がありますが、ポリアミンを多く摂取していれば、これも防ぐことができます。

実はポリアミンは、母親の母乳にも含まれており、胎児や出産後の赤ちゃんの成長のために大切な成分と言われています。

ビタミン

ビタミンは柑橘類などに多く含まれていることで知られていますが、実はその種類は様々です。美容のために摂取するように心がけている女性も多いと思います。しかしビタミンはそれだけではなく、実は体にとって必要不可欠な栄養素なのです。

ビタミンは、体の中でエネルギーを生成するときに、その化学変化を円滑に進めるために必要となる成分です。これだけ重要な栄養素ではありますが、なんと人間の体の中で作ることはできません。なのでビタミンを取り入れたいと思ったら、食品などから摂取する他にないのです。

また、ビタミンは全部で13種類あるわけですが、一つのビタミンが不足すると、他のビタミンも働くことがままならなくなります。ですので、バランスの良い食事で効率的にビタミンを摂取する必要があるのです。

ミネラル

ビタミンと並んで体に不可欠な要素とされるのが、ミネラルです。ミネラルは無機質と呼ばれる物質で、その種類もいくつかに分けられます。ミネラルは、主に骨や体内の組織の構成の役割を担っていて、体調を整えるための重要な成分でもあります。

ミネラルの必要摂取量は多くはありませんが、不足すると体がうまく機能しなくなって不調になってしまうので注意しましょう。また、ミネラルもビタミン同様、体内で作り出すことができない成分なので、食事など外部から取り入れる必要があります。ミネラルのうち重要なものとして、ナトリウムやマグネシウム、亜鉛やカルシウム、カリウム、リンなどがあります。

ミネラルはたくさん取ればいいというわけではなく、摂りすぎるとそれも不調の原因になります。特に塩分摂りすぎなどで「ナトリウム」の摂取量が増えると、高血圧になったり生活習慣病になったりするので気をつけましょう。

低分子カルシウム

妊娠した妊婦さんは、体作りに必要な成分は基本的に胎児に優先的に届けられるので、たくさん栄養をとる必要がります。妊婦は胎児の骨や歯をしっかり作り出すために、通常よりも大量のカルシウムを消費します。

そのためカルシウムは特にたくさん補わなければなりません。かといって、牛乳や小魚などの飲食物をたくさん食べるのも大変ですよね。トウモロコシの澱粉から作られる低分子カルシウムなら体内で溶けやすく、体への吸収率も高いので、効率的にカルシウムを補うことができます。